ほすぴタッチ

病院・介護施設・デイケアセンター・歯科医院・薬局・鍼灸・整体などの勤務シフトは AI で自動運用の時代へ

病院・介護施設・デイケアセンター・歯科医院・薬局・鍼灸・整体などの勤務シフトは AI で自動運用の時代へ

機能概要

機能概要

Function Overview

チーム

「ほすぴタッチ」では、「チーム」という単位で勤務シフトを自動編成して管理運用します。同一の病院・介護施設内でもチームを細かくわけることができます。

たとえば、「〇〇病院・外来日勤チーム」「〇〇病院・入院病棟チーム」「□□老健ホーム・要介護4チーム」「□□老健ホーム・要介護3チーム」のように同一組織や、医療法人グループ・社会福祉法人グループの中で勤務シフトのチーム編成を個別に指定することができます。

管理者と一般ユーザ
(ユーザ登録と権限)

「ほすぴタッチ」のご利用開始には、まずはオンラインで、新規ユーザ登録をする必要があります(わずか1分で完了)。このとき「管理者」と「一般ユーザ」という権限を指定することができます。

「管理者」は、「ほすぴタッチ」上で勤務シフトを作成・管理運用したり、スタッフの追加・削除、チームの追加・削除、料金支払い(決済)などの権限を有します。複数の管理者を指定することも可能です。

「一般ユーザ」は、勤務シフトの閲覧、勤務シフトへの希望提出、勤務シフトの個人間での交換などができます。

メンバー(スタッフ)登録

勤務シフトのチームを新たに作成したら、「ほすぴタッチ」に対象となるメンバー(スタッフ)を登録します。

このとき、対象となるスタッフは、メールアドレスの入力だけで簡単に「ほすぴタッチ」に招待することができます。

また、メンバー(スタッフ)登録の管理画面では、メンバー(スタッフ)の属性を独自に指定して登録することができます。

たとえば、「要介護3以上の入所者さんの介護ができるスキルを有している介護スタッフ」がいる場合、「要介護3以上」というラベルを独自に設けることができます。

このように、メンバー(スタッフ)のオリジナルラベルを設定することで、そのあとの勤務シフトのルール設定での条件をそろえていくことができます。

勤務シフトのルール設定

「ほすぴタッチ」では、あなたの病院や介護施設の独自の勤務シフトのルールを設定することができます。これは管理画面で管理者が行うことができます。

たとえば、「当直・宿直などの夜勤の連続を禁止する」「すべての勤務シフトは1週間に5日まで」などと設定することができます。

また、メンバー(スタッフ)登録で登録したスタッフのラベルと連動して、「毎週水曜日は、△△△資格保有者を最低1名勤務シフトに入れる」「40歳以下の夜勤回数は、41歳以上の夜勤回数の1.5倍とする」などと指定することができます。

このように勤務シフトのルールを管理画面で登録・設定することで、あなたの病院や介護施設の独自のシフトルールを「ほすぴタッチ」に覚えさせることができます。

勤務シフトの希望受け付け

「ほすぴタッチ」では、メンバー(スタッフ)から勤務シフトの希望について受け付けることができます。これは、まだ決定していない将来の勤務シフトに対して希望を提出してもらう機能です。

たとえば、「7月10日はシフトに入れない」「11月23日はできればシフトに入りたくない」「12月25日はシフトに入れます」などメンバー(スタッフ)からシフトに対して希望を提出してもらいます。

勤務シフトの自動編成

メンバー(スタッフ)登録と、勤務シフトのルール設定が完了すれば、いよいよ勤務シフトの自動編成が可能となります。期間を指定して、シフト編成ボタンをクリックすれば、あとは待つだけ。わずか20分後には、何十万通りもの勤務シフト表からもっとも最適なシフトを「ほすぴタッチ」が提案してくれます。

シフトを個人間で交換

「ほすぴタッチ」では、すでに決定済みの勤務シフトに急に入れなくなったときのために、スタッフ個人間でシフトを交換する機能があります。

たとえば鈴木さんが、既に決定済みの4月の勤務シフトのうち、4月10日の「夜勤A」に入れなくなったとします。そこで、「ほすぴタッチ」上で、佐藤さんの4月15日の「夜勤B」と交換を依頼します。これに佐藤さんが応じて、管理者も承諾すれば、このシフトの交換は成立します。

そして、「ほすぴタッチ」ではこのような個人間のシフト交換がスマホ上で簡単に行えます。

医療・介護・健康福祉業界の勤務シフトは AI自動管理で丸ごとお任せ