ほすぴタッチ

産経新聞朝刊に
全面広告掲載

   
全面広告

医療・介護福祉・ヘルスケア業界の勤務シフトをAI(人工知能)と数理モデルで自動編成するクラウドサービス「ほすぴタッチ」の新聞広告を掲載しました。

これは、2021年1月8日に「ほすぴタッチ」が新発売したことを記念して開催したオンライン特別対談を記事広告にしたものです。

2021年1月30日付「産経新聞(大阪市内版)」に全面広告で掲載されました。

今回は「医療・介護・ヘルスケア業界の働き手・働き方 ~量から質へ~」をテーマに、「ほすぴタッチ」のしくみから、介護・医療業界の勤務シフトの現状や課題、コロナ禍における働き手の守り方、そして介護・医療業界のAI化・DX化、ケアサービスの量から質への転換など、本音も交えながら業界の抱える問題を多角的に語り合いました。

この模様は、「ほすぴタッチ」公式YouTubeチャンネルにて、動画で全編をご覧いただけます。

「ほすぴタッチ」の特長の一部は、従来の運用である紙とエクセルの苦労から解放される点や、介護・医療業界特有の複雑な勤務ルールを手軽に登録できる点です。また、クラウドサービスですので、その日から利用開始ができます。

「ほすぴタッチ」は、ただいま初期費用・月額費用30日間無料キャンペーンを実施中です。詳しくは公式ウェブサイトをご覧ください。

Comments are closed.